Calendar

10月
15
第122回広州交易会 第一期
10月 15 – 10月 19 全日

輸出展示エリア

商品類別 展示エリア 出展企業数(社)
 電子と家電製品  家電製品  1186
 家電製電子消費品及び情報製品  735
 電子電気製品  609
 照明  照明  613
 自動車と部品  自転車  114
 オートバイ  287
 自動車(戸外)  78
 自動車部品  918
 機械
  
 動力・電力設備  230
 大型机械及設備  433
 通用機械、小型加工機械及び工業用部品  723
 工程農業機械  279
 金物道具   金物  1045
 道具  1211
 建築材料   建築と装飾材料  1232
 トイレ・風呂場設備  606
 化学工業製品  化学工業製品  317
 エネルギー  エネルギー  79

輸入展示エリア

電子及び家電製品、建材及び金物、機械設備。

10月
18
中国共産党第十九次全国代表大会
10月 18 – 10月 24 全日

 5年ごとに開催される党大会「中国共産党第十九次全国代表大会」が2017年10月18日~24日まで北京で開催される。

 党大会では第19期の中央委員会委員を選出。閉幕後には第19期中央委員会第1回総会(1中総会)が開かれ、中央委員の中から中央政治局委員、政治局常務委員が選ばれる。

10月
20
華鐘春季セミナー(中国会場)
10月 20 @ 13:30 – 17:30

 さて、5年に一度開かれる中国共産党大会(今回は第19期)が10月18日より開催されます。今回の党大会では2期目となる習近平指導部の政治局常務委員人事が大いに注目されるところです。中国国内経済については引き続き安定成長軌道にあるといえますが、テンセント、アリババ、モバイク、ofo等の民間企業が中国経済の新たな牽引役として急台頭する中、国有企業の構造改革を如何に進めるかが今後の安定成長確保の為の重要要素となるでしょう。気がかりなのはミサイル発射実験、核実験によりアメリカを挑発する北朝鮮に対して、中国は今後如何なる形で役割を果たして行くべきかということです。北朝鮮問題は日本にとっても対岸の火事では済まされない問題であるだけに、中国の仲介によって米朝対話が実現する等、平和的な解決を望んでやみません。

 一方、日系企業の最近の動向としては、内陸部を含めて新たな工場進出が再び増加しつつあると共に、既進出企業の内部管理強化に向けての各社の取り組みが活発化しつつあります。

 華鐘コンサルタントグループは今年で創業23周年を迎えられますが、半期の一度の本セミナーは、会員企業様をはじめ中国事業関連の皆様方へ「半年に一度の現場情況報告」という位置付けで実施して来られました。通算23回目となる今回も、足元の中国マクロ経済分析と今後の展望、最近の日系企業の事例報告という構成で実施致されます。

 多くのお客様にご参加頂けますよう、ご案内申し上げます。

             記

◆テーマ及び講師:

(1)急速に拡大する中国のIoT・Fintech・EC関連経済
 ・・・・・・・董事長総経理 古林恒雄 氏
(2)事例報告1(内部統制制度の構築と不正行為の防止策)
 ・・・・・・・常務副総経理 顧中ギョク 氏
(3)事例報告2(工場移転、工場進出、労務対策、新工作許可制度)
 ・・・・・・・常務副総経理 能瀬徹 氏

◆会場(定員)及び日時:

●北京会場(定員150名)
日時:10月12日(木) 13:30~17:30 
住所:北京市朝陽区東三環北路8号 亮馬河大廈2階 万黛CD庁
(地下鉄10号線亮馬橋駅C出口)

●大連会場(定員150名)
日時:10月13日(金) 13:30~17:30 
住所:大連市経済技術開発区金馬路186号 大連凱倫飯店2階 聚雅斎

●上海会場(定員400名)
日時:10月17日(火) 13:30~17:30 
住所:上海市茂名南路58号 花園飯店2階 百花庁
(地下鉄1号線、10号線、12号線陜西南路駅3番出口)
 
●蘇州会場(定員150名)
日時:10月18日(水) 13:30~17:30
住所:蘇州新区長江路368号 蘇州日航飯店3階 中宴会庁3
(地下鉄1号線蘇州楽園駅6番出口)
 
●広州会場(定員150名)
日時:10月20日(金) 13:30~17:30
住所:広州市天河北路468号 嘉逸国際酒店3階 嘉逸宴会庁

10月
23
第122回広州交易会 第二期
10月 23 – 10月 27 全日

輸出展示エリア

商品類別 展示エリア 出展企業数(社)
日用雑貨 台所用品 1192
日常陶磁 666
家庭用品 1364
個人ケア用品 235
お風呂場用品 104
ペット用品 114
ギフト 時計・メガネ 124
玩具 652
ギフトと贈呈品 1119
祝祭日用品 424
屋内装飾品 陶芸用品 332
ガラス工芸品 353
編み製品及び籐・鉄工芸品 204
屋内の装飾品 699
園林用品 566
家具 889
鉄と石の装飾品及び戸外スバ施設家具 41

 

10月
24
中国政府関係者が政策を説明!2017年「中国外資政策セミナー」
10月 24 @ 09:30 – 12:30

日中投資促進機構からのご案内です。

中国政府関係者が政策を説明!
2017年「中国外資政策セミナー」開催(10/24東京、10/25大阪)

 日本企業の対中ビジネスを支援する日中投資促進機構では、中国政府関係者が外資誘致政策を説明する「中国外資政策セミナー」を開催いたします。

 本年8月に『外資増加促進の若干措置に関する通知』(国発[2017]39号)が発布され、各種外資の積極利用に関する施策が推進しつつある中、中国政府の責任者が政策のポイントや運用について直接説明いたします。

 中国の外資誘致政策を広く日本企業にご説明するセミナーのため、どなたでも、1社から何名でもご参加いただけます。
 皆さまのお申込をお待ちしております。

会場・日時・会場

・東 京(150名): 2017年10月24日(火)9:30~12:30(9:00~受付)
 ホテルグランドパレス 4階「ゴールデンルーム」
 東京都千代田区飯田橋1-1-1 《地図》

・大 阪(120名): 2017年10月25日(水)9:30~12:30(9:00~受付)
 損保ジャパン道修町ビル 6階 会議室
 大阪府大阪市中央区道修町3- 4-10 《地図》

〇主催:
 日中投資促進機構、中日投資促進委員会(事務局:中国商務部外国投資管理司)
〇共催:一般財団法人日中経済協会、大阪商工会議所(大阪)
〇後援(予定):
 中華人民共和国駐日本国大使館経済商務処、中華人民共和国駐大阪総領事館(大阪)
 JETRO、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行

〇参加費:
 日中投資促進機構・共催・後援・協力団体会員は無料
 ※一般参加の方は3,000円を申し受けます。当日受付にてお支払い下さい。

〇式次第(予定):
 1.開会挨拶
 2.来賓ご挨拶
 3.基調講演「最近の外資政策について」(仮)
 4.中国側による政策説明
   通関手続改正の動向、外貨管理政策など
 5.質疑応答(事前提出の質問に基づく事務局からの代表質問など)

〇締切:10月13日(金)

〇お申込方法:以下のURLより「参加申込書」をダウンロードしご記入の上、E-mail(またはFAX)でお申込み下さい。

参加申込書ダウンロード(word)

〇お問合せ・お申込み:日中投資促進機構 辻・川邊
 Tel:03-5226-0141(代) E-mail:gaishi@jcipo.org (両会場共通)

10月
25
中国政府関係者が政策を説明!2017年「中国外資政策セミナー」
10月 25 @ 09:30 – 12:30

日中投資促進機構からのご案内です。

中国政府関係者が政策を説明!
2017年「中国外資政策セミナー」開催(10/24東京、10/25大阪)

 日本企業の対中ビジネスを支援する日中投資促進機構では、中国政府関係者が外資誘致政策を説明する「中国外資政策セミナー」を開催いたします。

 本年8月に『外資増加促進の若干措置に関する通知』(国発[2017]39号)が発布され、各種外資の積極利用に関する施策が推進しつつある中、中国政府の責任者が政策のポイントや運用について直接説明いたします。

 中国の外資誘致政策を広く日本企業にご説明するセミナーのため、どなたでも、1社から何名でもご参加いただけます。
 皆さまのお申込をお待ちしております。

会場・日時・会場

・東 京(150名): 2017年10月24日(火)9:30~12:30(9:00~受付)
 ホテルグランドパレス 4階「ゴールデンルーム」
 東京都千代田区飯田橋1-1-1 《地図》

・大 阪(120名): 2017年10月25日(水)9:30~12:30(9:00~受付)
 損保ジャパン道修町ビル 6階 会議室
 大阪府大阪市中央区道修町3- 4-10 《地図》

〇主催:
 日中投資促進機構、中日投資促進委員会(事務局:中国商務部外国投資管理司)
〇共催:一般財団法人日中経済協会、大阪商工会議所(大阪)
〇後援(予定):
 中華人民共和国駐日本国大使館経済商務処、中華人民共和国駐大阪総領事館(大阪)
 JETRO、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行

〇参加費:
 日中投資促進機構・共催・後援・協力団体会員は無料
 ※一般参加の方は3,000円を申し受けます。当日受付にてお支払い下さい。

〇式次第(予定):
 1.開会挨拶
 2.来賓ご挨拶
 3.基調講演「最近の外資政策について」(仮)
 4.中国側による政策説明
   通関手続改正の動向、外貨管理政策など
 5.質疑応答(事前提出の質問に基づく事務局からの代表質問など)

〇締切:10月13日(金)

〇お申込方法:以下のURLより「参加申込書」をダウンロードしご記入の上、E-mail(またはFAX)でお申込み下さい。

参加申込書ダウンロード(word)

〇お問合せ・お申込み:日中投資促進機構 辻・川邊
 Tel:03-5226-0141(代) E-mail:gaishi@jcipo.org (両会場共通)

10月
26
「中国現地法人の中国国内取引における債権回収の実務」セミナー
10月 26 @ 13:30 – 16:30

日本国際貿易促進協会京都総局 第83回専門セミナー
「中国現地法人の中国国内取引における債権回収の実務」

 かつて中国では、「中国人と契約書を交わしても意味がない」「中国ではまともな与信調査はできない」「中国の裁判所は信用できない」といったことがよく言われ、日系企業においても取引先からの支払が多少遅れるのは当たり前という認識から、債権回収のための対応が遅れがちになることが多々ありました。

 しかし、昨今では、日系企業各社の中国資本企業との中国国内取引は目ざましく拡大し、債権回収に関する問題について「仕方がない」では済まされない状況になってきています。

 そこで今回は、中国北京にて企業法務でご活躍の、弁護士法人キャストの金藤力弁護士をお招きし、中国での債権回収について現場経験を基に詳しく解説していただきます。

 ご多用中とは存じますが、多数ご参加賜りますようご案内申し上げます。

【講演内容】(予定)

1.様変わりしつつある中国債権回収事情

2.債権回収を見据えた平時の準備

3.債権回収リスクの早期発見・認識

4.法的手続に至る前の債権回収

5.提訴から判決まで

6.強制執行

【講師】 金藤 力 氏(弁護士法人キャスト 大阪事務所代表 北京事務所首席代表)

【日時】 2017年10月26日(木)13:30~16:30

【会場】 京都商工会議所ビル3階 第2会議室
     〒604-0862 京都市中京区烏丸通夷川上る 電話(075)212-6420

【参加費】日本国際貿易促進協会京都総局の会員企業  無料
     日中経済貿易センター会員・JCCNET利用者 2,000円/人
     その他  3,000円/人(当日会場にて申し受けます)

【主催】 日本国際貿易促進協会京都総局

【お申込み】下記参加申込書にご記入の上、開催2日前までに、FAX或はEメールにてお申し込みください。会場都合により先着30名様で締め切り。

詳細・参加申込書:ダウンロード pdf

【ご注意】参加お申込み後、前日までに連絡ないまま当日欠席された場合は、会員非会にかかわらずすべて、終了後、用意した資料をお届けし参加費を請求させていただきます。

大阪貿易協会「我が国のAEO制度- セキュリティーの確保と貿易円滑化の両立~」
10月 26 @ 13:30 – 15:00

当センター会員の大阪貿易協会が、2017年10月26日(木)、
大阪にて標記セミナーを開催します。

 今回の例会では、大阪税関業務部 認定事業者管理官 宮下敬子様を講師としてお迎えし、「我が国のAEO制度~セキュリティーの確保と貿易円滑化の両立~」をテーマにAEO制度発展の経緯や我が国のAEO制度、及び相互承認などについて、解説して頂く予定です。
  
 皆様のご参加を是非ともお願い申し上げます。

◆講演議題
「我が国のAEO制度-セキュリティーの確保と貿易円滑化の両立~」

◆講師 大阪税関業務部
    認定事業者管理官
    宮下 敬子 氏

*ご出席の方は申込用紙ご記入の上FAX :06-6121-6044  又はE-mail:daiboukyou@swan.ocn.ne.jp にてお申込みください。
*参加証は発行しませんので、直接ご来場お願い致します。

申込書ダウンロード先:

参加申込書:ダウンロード word

10月
31
第122回広州交易会 第三期
10月 31 – 11月 4 全日

輸出展示エリア

商品類別 展示エリア 出展企業数(社)
繊維服装 紳士服・女性服 1201
下着 245
スポーツウェア・レジャーウェア 324
子供服 203
服装装飾物及び付属品 534
毛皮・皮革製品・ダウン製品 78
家庭用繊維製品 1432
繊維原料・生地 701
絨毯・タピストリー 103
1112
事務用品・
ケース鞄とレジャー用品
事務用品 822
ケース・鞄 1000
体育・旅行・レジャー用品 725
食品 食品 677
医療と保険用品 医薬、保健用品及び医療機器 495

輸入展示エリア

食品及び飲料、家庭用品、生地類、家庭紡織繊維類。

1月
12
2018年日中新春互例会
1月 12 @ 14:00 – 15:30

2018年日中新春互礼会を開催