2018.4.13 『江蘇省宜興市(大阪)投資環境説明会』開催

 4月13日午後、『江蘇省宜興市(大阪)投資環境説明会』が江蘇省宜興市人民政府の主催、当センターの協力により開催される。

 宜興市は江蘇省の南部、太湖の西岸に位置し、無錫市に属し、上海-南京-杭州都市圏の中心にある。

 周斌副市長は「宜興は長い歴史を有する文化の街で、陶器の故郷と呼ばれ、豊かな自然環境を有する。近年経済発展は目覚ましく、経済競争力は県レベルの都市ではトップクラスにあり、中国の最も幸福感のある都市にも選ばれた。改革開放以来、日本との経済交流は活発で豊かな成果を上げ、これからも日本との間には大きな市場ニーズと大きな発展空間がある。今回の説明会を通じて、更に多くの日本企業に宜興を知ってもらい、発展の協力パートナーを探す、重要な選択肢の一つとなりたい。」と述べた。

 周副市長に続き、宜興市内の宜興経済技術開発区、官林鎮、徐舎鎮、楊巷鎮、万石鎮の代表がそれぞれの紹介を行った。

 現地日系企業として宜興北海封頭有限公司 林俊夫董事長兼総経理より宜興の紹介があり、地元政府関係者のサポートと治安の良さが企業発展の基本条件であったと述べた。

 中国稀土控股有限公司 蒋泉龍董事長から長年にわたる日本企業と経済交流と今後の展望について紹介があった。

 説明会には宜興市政府、企業関係者ら24名、日本側関係団体、企業から41名が参加した。