2018.5.18 山東省イーコマース交流会

 山東省商務庁 任海涛副庁長をはじめとする山東省イーコマース代表団一行16名が来阪し、5月18日午後、大阪市内にて「山東省イーコマース交流会」を開催。当センター会員企業、一般社団法人イーコマース事業協会、関係企業ら約30名が参加。

 はじめに任海涛副庁長より山東省の経済概況、対外貿易、日本との貿易、投資の状況などについて紹介し、中国の卸売、小売におけるイーコマース(以下EC)の発展の状況について紹介があった。臨沂市商務局から中国の物流の中心地の一つとして、臨沂市を活用する商業、貿易、ECの優位性について紹介した。済南市商務局、山東省電子商務促進会、小売り企業、物流企業、貿易企業などがそれぞれの状況を紹介。

 日本側参加者からは中国との越境ECについて、決済、販売手法、品質保証、どのようなプラットフォームがあるのかなどの質問があった。

 当センターとしても初めての越境ECに関する交流会であったが、相互の商品に関する関心は高いが、どのようなスキームでECを進めるかについて相互の理解と交流が必要であると感じた。