華鐘春季セミナー(中国会場)

いつ:
2017年10月17日 @ 13:30 – 17:30
2017-10-17T13:30:00+09:00
2017-10-17T17:30:00+09:00
料金:
無料

 さて、5年に一度開かれる中国共産党大会(今回は第19期)が10月18日より開催されます。今回の党大会では2期目となる習近平指導部の政治局常務委員人事が大いに注目されるところです。中国国内経済については引き続き安定成長軌道にあるといえますが、テンセント、アリババ、モバイク、ofo等の民間企業が中国経済の新たな牽引役として急台頭する中、国有企業の構造改革を如何に進めるかが今後の安定成長確保の為の重要要素となるでしょう。気がかりなのはミサイル発射実験、核実験によりアメリカを挑発する北朝鮮に対して、中国は今後如何なる形で役割を果たして行くべきかということです。北朝鮮問題は日本にとっても対岸の火事では済まされない問題であるだけに、中国の仲介によって米朝対話が実現する等、平和的な解決を望んでやみません。

 一方、日系企業の最近の動向としては、内陸部を含めて新たな工場進出が再び増加しつつあると共に、既進出企業の内部管理強化に向けての各社の取り組みが活発化しつつあります。

 華鐘コンサルタントグループは今年で創業23周年を迎えられますが、半期の一度の本セミナーは、会員企業様をはじめ中国事業関連の皆様方へ「半年に一度の現場情況報告」という位置付けで実施して来られました。通算23回目となる今回も、足元の中国マクロ経済分析と今後の展望、最近の日系企業の事例報告という構成で実施致されます。

 多くのお客様にご参加頂けますよう、ご案内申し上げます。

             記

◆テーマ及び講師:

(1)急速に拡大する中国のIoT・Fintech・EC関連経済
 ・・・・・・・董事長総経理 古林恒雄 氏
(2)事例報告1(内部統制制度の構築と不正行為の防止策)
 ・・・・・・・常務副総経理 顧中ギョク 氏
(3)事例報告2(工場移転、工場進出、労務対策、新工作許可制度)
 ・・・・・・・常務副総経理 能瀬徹 氏

◆会場(定員)及び日時:

●北京会場(定員150名)
日時:10月12日(木) 13:30~17:30 
住所:北京市朝陽区東三環北路8号 亮馬河大廈2階 万黛CD庁
(地下鉄10号線亮馬橋駅C出口)

●大連会場(定員150名)
日時:10月13日(金) 13:30~17:30 
住所:大連市経済技術開発区金馬路186号 大連凱倫飯店2階 聚雅斎

●上海会場(定員400名)
日時:10月17日(火) 13:30~17:30 
住所:上海市茂名南路58号 花園飯店2階 百花庁
(地下鉄1号線、10号線、12号線陜西南路駅3番出口)
 
●蘇州会場(定員150名)
日時:10月18日(水) 13:30~17:30
住所:蘇州新区長江路368号 蘇州日航飯店3階 中宴会庁3
(地下鉄1号線蘇州楽園駅6番出口)
 
●広州会場(定員150名)
日時:10月20日(金) 13:30~17:30
住所:広州市天河北路468号 嘉逸国際酒店3階 嘉逸宴会庁

カテゴリー: ただいまコメントは受け付けていません。